富山赤十字病院

〒930-0859
富山県富山市牛島本町2-1-58

TEL:076-433-2222

当院について

ホーム > 当院について > 病院情報

ご利用案内

地域連携 かかりつけ医ガイド 臨床研修医募集 健診・人間ドック 看護部 富山日赤広報誌 富山赤十字看護専門学校 在宅部門 周辺ガイド 患者安全の3つの言葉 入札・契約情報

病院情報

■平成28年度 こちらをご覧ください。

■平成29年度 こちらをご覧ください。

■平成30年度 こちらをご覧ください。


■令和元年度 こちらをご覧ください。

令和2年度 富山赤十字 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

1.年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
 
年齢区分 0 ~ 10 ~ 20 ~ 30 ~ 40 ~ 50 ~ 60 ~ 70 ~ 80 ~ 90 ~
患者数 262 138 239 381 486 728 1152 2278 1921 663
当院は富山医療圏の中核病院として様々な年代の患者を受け入れています。特に60歳代~80歳代が多く60歳以上の患者が全体の約73%を占めています。また、周産期医療、小児医療の体制も充実しており10歳未満の患者も多いです。

  2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 270 2.02 2.66 0.00% 65.33  
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 167 23.34 20.51 40.12% 84.18  
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 141 3.45 3.07 0.00% 69.05  
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 134 15.81 17.23 9.70% 81.22  
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 125 17.12 13.00 26.40% 82.46  
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術を多く行っています。急性心筋梗塞に対する緊急カテーテル治療を含めた、冠動脈に対する治療を多く行っています。高齢者の誤嚥性肺炎、尿路感染症も増えています。

整形外科
 
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 166 20.51 25.09 78.31% 84.84  
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 130 12.38 18.81 43.08% 82.19  
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 60 3.72 6.52 1.67% 74.83  
070350xx99x0xx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 手術・処置等2なし 46 5.76 9.90 2.17% 55.28  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 43 4.72 5.18 2.33% 56.81  
高齢者に多くみられる大腿骨骨折の手術や胸腰椎圧迫骨折、腰部脊柱管狭窄症などの症例を多く治療しています。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 64 4.44 4.86 0.00% 68.50  
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 53 6.30 7.23 1.89% 63.43  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 49 8.67 9.08 4.08% 71.47  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 30 5.63 5.44 0.00% 35.73  
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 29 18.38 16.19 0.00% 74.93  
胆石による胆嚢疾患や大腸がんなどの腹腔鏡下による手術を多数行っています。それ以外にもがん患者に対する手術(食道、胃、肝胆膵、大腸、乳房、甲状腺など)も多く行っています。
    
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 51 1.04 2.42 0.00% 33.45  
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 44 7.98 9.45 0.00% 34.82  
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 33 10.76 9.57 0.00% 45.52  
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 30 3.07 3.11 0.00% 38.37  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 27 6.93 6.16 0.00% 39.85  
地域の中核病院として産婦人科全般の診療を行っています。
産科は「母子の安全を守りつつできるだけ"自然のお産"を目指す」とし、合併症を有する妊婦に対する分娩や帝王切開による分娩も多数受け入れています。
婦人科は婦人科疾患の治療を多く取り扱っており、子宮や卵巣の良性・悪性疾患の手術を多く行っています。
悪性腫瘍に対しては集学的治療(手術・化学療法・放射線療法等)を、良性腫瘍に対しては低侵襲手術(膣式手術・腹腔鏡下手術等)を行っています。

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 84 2.00 2.04 0.00% 59.88  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 50 5.60 4.94 0.00% 62.66  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 42 7.24 6.71 0.00% 53.31  
030428xxxxxxxx 突発性難聴 37 7.59 8.81 0.00% 60.95  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 25 7.64 7.94 0.00% 27.44  
めまいや突発性難聴に対する診療を多く行っています。また、慢性扁桃炎や慢性副鼻腔炎の手術も多く行っています。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 47 17.11 15.64 36.17% 73.00  
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 32 25.22 18.86 56.25% 67.38  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 24 13.38 9.68 4.17% 78.71  
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 16 16.50 17.35 25.00% 73.56  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 15 12.67 8.18 13.33% 74.80  
当院は脳神経外科診療の3つの柱である「脳卒中」「頭部外傷」「脳腫瘍」のすべての疾患に、365日で対応しております。2021年4月には脳血管センターを開設し、脳卒中医療に重点をおいた最先端医療を実践しています。中でも救急受け入れの多い脳卒中については、脳梗塞における超急性期のt-PA治療(4.5時間以内)、機械的血栓回収術(24時間以内)、脳出血とクモ膜下出血の緊急開頭手術/血管内治療が可能です。また外傷後による慢性硬膜下血腫や急性硬膜下血腫、脳挫傷の患者さんも数多く治療しております。こられの脳疾患を発症急性期に治療することにより地域連携を介したリハビリテーションを早期に開始でき、患者さんの良好な転帰につながっています。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2なし 56 4.75 7.13 0.00% 74.23  
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 33 2.39 2.54 0.00% 71.97  
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 26 10.35 13.00 11.54% 74.69  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 17 8.94 8.52 0.00% 70.41  
110310xx01xxxx 腎臓又は尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 11 12.09 14.16 0.00% 78.73  
膀胱がんや前立腺がん、前立腺肥大症の手術症例も多く、手術は侵襲性の低い経尿道的手術を多く行っています。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 231 3.02 2.76 0.00% 74.89  
020220xx97xxx0 緑内障 その他の手術あり片眼 - - 5.79 - -  
160250xxxx0xxx 眼損傷 手術・処置等1なし - - 4.88 - -  
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - 3.07 - -  
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.18 - -  
白内障手術のほか、緑内障に対する線維柱帯切開術、眼瞼下垂症手術、眼瞼内反症手術を行っています。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 40 5.00 6.13 0.00% 0.00  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 15 4.87 5.85 0.00% 3.47  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 14 4.36 6.47 0.00% 1.07  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14 4.14 6.46 0.00% 4.36  
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 13 6.62 13.00 0.00% 1.77  
肺炎や気管支炎等の呼吸器感染症が多く、4日程度の入院治療を行っています。また、新生児のケアの充実も心がけています。

心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 35 14.66 18.99 0.00% 69.94  
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 24 2.04 2.74 0.00% 69.42  
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 5.78 15.20 11.11% 66.22  
050163xx03x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等21あり 15 10.73 15.88 0.00% 75.33  
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 10.08 - -  
呼吸器外科では肺がんや気胸などの胸腔鏡下による手術を多数行っています。
心臓血管外科では下肢静脈瘤手術や腹部大動脈瘤に対する低侵襲のステントグラフト内挿術などを多く行っています。
これら以外にも、心臓・呼吸器疾患等に係る多くの手術に積極的に取り組んでいます。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
 
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 32 8.19 9.12 0.00% 72.72  
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 27 9.52 12.87 11.11% 63.85  
080190xxxxxxxx 脱毛症 - - 3.38 - -  
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 - - 7.98 - -  
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 10.48 - -  
帯状疱疹や四肢の蜂巣炎の症例を多く治療しています。
※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
5大癌 StageⅠ StageⅡ StageⅢ StageⅣ 不明 再発 病期分類基準 版数
胃癌 34 11 10 21 21 11 1 7,8
大腸癌 - 33 48 40 20 - 1 7
乳癌 - - - - 27 - 1 8
肺癌 25 15 37 31 16 18 1 8
肝癌 27 17 14 - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、大腸がん、肺がん、胃がんの入院数が上位を占め、次いで肝がん、乳がんの順となっています。
当院は、富山県がん診療地域連携拠点病院として、内視鏡的治療、胸腔鏡的治療、腹腔鏡的治療、外科手術、抗がん剤治療、放射線治療などを患者さんに合わせた治療を選択し、総合的な医療を提供しています。また、当院では化学療法センターを有し、通院治療を多く行っています。
さらに平成29年4月より9階東病棟に緩和治療病棟を開設し、地域の中核病院として、多数のがん患者さんの受け入れを積極的に行っております。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
 

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 
重症度 患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 14 11.14 58.86
中等症 115 14.35 82.76
重症 15 16.07 87.53
超重症 - - -
不明 - - -
肺炎は年齢などいくつかの指標で軽症から超重症の4段階に分けられ、原則中等度以上が入院の対象です。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。

※この集計での成人とは20歳以上の患者さんを指し、市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
※重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。


集計方法  
下記、5項目に対して1項目1点として重症度を算出(1点=重症度1)  
①年齢:男性70歳以上、女性75歳以上  
②BUN≧21または脱水  
③酸素飽和度≦90%  
④意識障害(肺炎に由来する)  
⑤血圧 sBP≦90mmHG  
各項目に一つでも定義以外の値が入っている場合は[不明]として扱う

軽症:0点の場合 中等症:1~2点の場合 重症:3点の場合 超重症:4~5点の場合
 

5.脳梗塞患者数等ファイルをダウンロード
 
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 160 25.83 74.74 35.75
その他 33 13.73 75.64 3.63
当院では、超急性期血栓溶解療法(tPA静注療法)には24時間365日対応しています。
また、急性期脳塞栓、血栓症に対するカテーテルを用いた急性期血行再建術などの脳血管内治療にも対応しています。
主に発症から3日以内の急性期脳梗塞の診断、治療を担う急性期病院として迅速に治療を開始することで、早期離床につながり、早期にリハビリテーションを開始することができます。


6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 247 0.40 1.14 0.00% 65.57  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 93 2.92 4.71 2.15% 70.32  
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 59 1.00 2.73 18.64% 71.63  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 56 2.93 8.20 12.50% 78.89  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 48 3.90 11.33 14.58% 80.21  
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の治療を多く行っています。次いで、急性心筋梗塞または症状が安定している狭心症に対してステントという金属を血管に入れる治療を多く行っています。そして、胆管結石や胆管狭窄に対する治療の内視鏡的乳頭切開術を多く行っています。内科ではその他にも、心臓カテーテルや内視鏡的治療、骨髄移植など様々な手術を行っています。
透析内シャントの拡張術、血栓除去術が増えています。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 123 1.49 16.83 69.92% 83.61  
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 67 1.39 5.69 1.49% 62.96  
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 58 1.67 17.14 74.14% 80.79  
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 42 1.60 17.48 7.14% 75.69  
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 26 2.12 8.50 0.00% 63.23  
高齢者に多い大腿骨骨折や外傷による骨折手術を多数行っています。

外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 66 1.02 4.76 3.03% 65.44  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 56 0.98 2.46 0.00% 67.77  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 32 7.31 11.91 3.13% 75.03  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 29 0.41 4.28 0.00% 35.76  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 19 0.42 2.05 0.00% 67.11  
腹腔鏡下胆嚢摘出術や腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術を多く行っています。
その他に悪性腫瘍(食道、胃、肝胆膵、大腸、乳房、甲状腺)などの手術も多く行っています。低侵襲手術の腹腔鏡手術に積極的に取り組んでいます。

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K9091イ 流産手術(妊娠11週までの場合)(手動真空吸引法によるもの) 51 0.00 0.02 0.00% 33.41  
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 49 1.04 6.02 0.00% 34.57  
K877 子宮全摘術 36 1.53 8.22 0.00% 49.00  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 30 1.03 1.03 0.00% 38.37  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 30 0.93 4.80 0.00% 39.43  
産科では母子の安全を守りつつできるだけ"自然のお産"を目指しており、吸引娩出術や帝王切開術などを多く行っており、ハイリスクの出産に対応しています。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 233 1.00 1.02 0.00% 74.84  
K2682 緑内障手術(流出路再建術) - - - - -  
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -  
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - -  
K214 霰粒腫摘出術 - - - - -  
白内障手術のほか、緑内障に対する線維柱帯切開術、眼瞼下垂症手術、眼瞼内反症手術を行っています。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 65 1.77 4.14 6.15% 74.91  
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 16 2.44 6.31 0.00% 70.88  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 14 1.21 12.00 7.14% 80.57  
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 12 5.00 8.92 0.00% 74.17  
K830 精巣摘出術 10 2.70 4.20 20.00% 82.10  
膀胱腫瘍に対し尿道から内視鏡を挿入し腫瘍を切除する膀胱悪性腫瘍手術が多く行われています。
  

心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 23 3.35 11.57 0.00% 69.43  
K6121ロ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(静脈転位を伴う) 20 0.95 5.10 15.00% 67.60  
K617-2 大伏在静脈抜去術 14 0.00 1.07 0.00% 69.79  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 11 2.18 9.36 0.00% 70.18  
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 10 0.00 1.00 0.00% 68.90  
呼吸器外科では肺がんに対する胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術や気胸などに対する胸腔鏡下による手術を多数行っています。
心臓血管外科では、同じ病名に対する手術でも術式が細分化されるため、上記表の結果になります(例えば、大動脈解離の手術でも、上行大動脈置換術と弓部大動脈置換術では別のカウントとなる)が、表の手術以外にも解離性大動脈瘤に対する大動脈置換術、冠動脈バイパス術、弁形成・置換術などの開心術、そして大動脈瘤に対する胸部及び腹部のステントグラフトや末梢動脈閉塞性疾患に対する血管内治療等の低侵襲手術にも積極的に取り組んでおり、心臓血管疾患に対する手術を幅広く施行しております。
また、これら以外にも、心臓・呼吸器疾患等に係る多くの手術に積極的に取り組んでいます。

耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 24 0.96 5.50 0.00% 53.50  
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 20 1.25 6.75 0.00% 39.10  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 16 0.94 5.81 0.00% 57.06  
K347 鼻中隔矯正術 10 1.00 6.40 0.00% 39.00  
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -  
 好酸球性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡的手術や慢性扁桃炎に対して行う手術を多く行っています。
歯性副鼻腔炎においては、歯科とも協力し内視鏡下での手術を行っています。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。
     

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 23 0.52 18.17 13.04% 82.04  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -  
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステント) - - - - -  
軽微な外傷の1~2ヶ月後に生ずる慢性硬膜下血腫は、簡単な手術で全快する予後の良い疾患で、当科でも多くの手術を行っております。脳腫瘍の手術を含め、頚動脈および脳動脈ステント留置(脳梗塞が対象)、脳動脈瘤コイル治療(クモ膜下出血が対象)、脳動脈瘤フローダイバーター治療(難治性脳動脈が対象)など、最先端の脳血管内治療(カテーテル治療)を多数、実施しています。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -  
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -  
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) - - - - -  
K0131 分層植皮術(25cm2未満) - - - - -  
- - - - - - -  
皮膚悪性腫瘍切除術や四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術、皮膚、皮下腫瘍摘出術など皮膚腫瘍の手術を多く行っています。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。

小児科
 
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -  
※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。



7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 22 0.27%
180010 敗血症 同一 25 0.30%
異なる 43 0.52%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 79 0.96%
異なる - -
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなり得ないものの少しでも改善すべきものとして播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置の合併症について、
入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病名)の同一性の有無を区分して対象患者数と発症率を示したものです。

※患者数が10未満の症例に関しては、-(ハイフン)で表示しています。

※発生率は、退院患者総数(9,536名)のうち該当するDPCで入院費の請求となった患者さんの割合です。

【播種性血管内凝固症候群とは】
本来出血箇所のみで生じるべき血液凝固反応が、全身の血管内で無秩序に起こる症候群です。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態です。
入院後に発症している場合が多く、感染症が重症化するケースや基礎疾患が影響していることが多いと考えられます。

【敗血症とは】
病原体が全身へ波及したもので非常に重篤な状態です。無治療ではショック、DIC、多臓器不全などから早晩死に至る疾患です。高齢の患者さんが肺炎や腎盂腎炎などの感染症を重篤化し発症する症例が多いです。
また、術後や悪性腫瘍で化学療法によって免疫力が低下して合併する場合もあります。治療には、人工呼吸管理、持続緩徐式血液濾過、吸着式血液浄化法などの集中治療を必要とすることがあり、DPCでは高額な点数が設定されています。

【真菌症とは】
真菌(カビ)が種々の臓器に定着することに起因する感染症です。

【手術・処置などの合併症とは】
手術や処置などにより一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが挙げられますが、合併症はどのような術式でもどのような患者さんでも一定の確率で起こり得るもので、医療ミスとは異なります。当院では、透析シャント狭窄による手術のための入院が多いです。

更新履歴
2021/09/30
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。