富山赤十字病院

〒930-0859
富山県富山市牛島本町2-1-58

TEL:076-433-2222

当院について

ホーム > 当院について > 医療の質・QI

ご利用案内

地域連携 かかりつけ医ガイド 臨床研修医募集 健診・人間ドック 看護部 富山日赤広報誌 富山赤十字看護専門学校 在宅部門 周辺ガイド 患者安全の3つの言葉 入札・契約情報

医療の質・QI

■当院の医療の質向上に向けての取り組み

医療の質の改善するためには、医療従事者が
1) 問題を特定し
2) 問題を測定し
3) 問題を解決するための一連の介入手段を開発し
4) 介入が奏功したのかを調べる
ことが必要です。

医療の質評価項目は、上記の2) にあたる「問題を測定する」ものです。

赤十字本社の評価項目に準じて①~⑫について、また富山赤十字病院の現時点での問題点の一つとして⑬「急性胆嚢炎発症後72時間以内の手術割合」について、2013年から6ヶ月ごとの数値をお示しします。

指標項目が医療の質の観点からみて不十分であれば、当該科や各種委員会、各種チームとの連携で介入を検討し、その効果を調べるという一連のプロセスを遂行したいと考えています。

医療の問題は、その施設の規模や医療レベル、地域の状況、時代によって変化します。それに従い、評価項目も変更していく予定です。

平成27年1月19日医療の質向上委員長川原 順子

■医療の質評価項目・QI(Quality Indicator)

■クリニカルインディケーター(Clinical Indicator)

平均在院日数や手術件数など、ある期間の実績や稼働状況を表す指標です。
 QI(Quality Indicator)と似ていますが、QIが現在の医療レベルにおける医療の良し悪しを表すのに対し、
クリニカルインディケーターは、必ずしも質を表しません。

当院のクリニカル・インディケーター(診療評価指標)を設定し、公表します。