富山赤十字病院

〒930-0859
富山県富山市牛島本町2-1-58

TEL:076-433-2222

診療科・部門のご案内

ホーム > 診療科・部門のご案内 > 感染防止対策室

ご利用案内

地域連携 かかりつけ医ガイド 臨床研修医募集 健診・人間ドック 看護部 富山日赤広報誌 富山赤十字看護専門学校 在宅部門 周辺ガイド 患者安全の3つの言葉

感染防止対策室

感染防止対策室 体制

赤十字の理念に基づき、その役割・機能から院長直轄のスタッフ機能とし、院内感染の防止に留意し、感染症発生時には拡大防止を主眼として適切に対応するため組織横断的に活動しています。

感染防止対策室長 挨拶

感染防止対策室長
川根 隆志(かわね たかし)

院長補佐/感染防止対策室長/病棟部長/
腎臓・リウマチ・感染症内科部長/血液浄化治療センター室長

平成15年10月にICT(インフェクションコントロールチーム)が編成され、院内における医療関連感染の発生を防止すべく、職域を越えて組織横断的に活動しています。

平成24年4月には感染防止対策室が設置され、院内感染の防止に留意し、感染症発生時には拡大防止を主眼として適切に対応しています。

感染制御チームよりひとこと

病院内では原疾患・手術・治療・高齢などのため体の抵抗力が低下し、通常では病気を起こさない微生物による感染症や抗生物質が効きにくい菌による感染症の危険性が増えてきます。

新たな感染症に罹患することは、本来必要な治療以外の治療が必要になります。

私たちが、病院内における患者さんと職員、また来院者・その他の人たちを守るため医療関連感染の低減に向けて日々活動しています。

ICTイメージ
主な活動
感染症サーベイランス・・・感染症発生状況の調査・集計
各部署、各診療科から情報を収集し、耐性菌サーベイランス、手術部位サーベイランス、全入院患者サーベイランスを実施し、さまざまな院内感染対策に対し迅速かつ的確に対応しています。
院内ラウンド
概ね1週間に1回、多職種によるラウンドを行い、マニュアルが遵守されているか、感染対策上の問題はないかなど、現場の改善・アドバイスをしています。
職員への感染防止対策教育・研修会の開催
毎年2回、全職員を対象とした研修会の開催と、新人教育をはじめ、中途採用者・看護補助者研修を行い職員の感染対策の意識の向上に努めています。
また、ICTニュースを発行し、職員の感染対策の啓発活動を行っています。
院内感染防止に係るマニュアルの作成・改正
マニュアルは感染防止対策について分かりやすく掲載しています。必要に応じて改訂し、かつ電子化されて保存されています。
抗菌薬適正使用支援チーム
「不必要」「不適切」な抗菌薬の使用は薬剤耐性菌の出現を招きます。薬剤耐性菌は国際社会で問題となっており、抗菌薬の適正使用に関する取組は大きな課題となっています。
日本においても2016年から取組みが始まっています。
抗菌薬適正使用支援チームは外来や入院の患者さんに対して抗菌薬が適正に使用されるよう支援しています。
 
他医療機関との合同カンファレンス及び相談対応
県内の医療施設と連携し合同カンファレンスを開催したり相互にラウンドすることで、各施設の感染防止対策の質の向上を目指しています。
また、抗菌薬適正使用支援チームでは職員からの感染対策上の問題や疑問についての問い合わせだけでなく、他医療施設さまからの抗菌薬適正使用の推進に関わる相談を受けつけています。お気軽にお問合せください。
 
ご相談窓口✉:anzen2@toyama-med.jrc.or.jp