富山赤十字病院

〒930-0859
富山県富山市牛島本町2-1-58

TEL:076-433-2222

職員募集

ホーム > 職員募集 > 初期臨床研修プログラム > 先輩研修医からのメッセージ

ご利用案内

地域連携 かかりつけ医ガイド 健診・人間ドック 看護部 富山日赤広報誌 富山赤十字看護専門学校 在宅部門 周辺ガイド 患者安全の3つの言葉

先輩研修医からのメッセージ

 

Ⅰ.O(1年目) 

本年より基幹型研修医として研修させていただいております。
私が富山赤十字病院で研修しようと思った理由を3つほど挙げさせていただきます。1つ目は内科の症例検討会や研修医会での救急症例を題材にした勉強会など研修医の学習の機会が多いことです。自分が経験した症例についてまとめることでより深く学習することができます。次に救急についてです。救急は研修医がファーストタッチし、検査など対応を考え実施しますが、わからないことがあれば内科指導医の先生にすぐに聞くことができるので忙しく緊張感はありながらも安心感もある環境です。最後に1番大きな理由は仕事のメリハリがしっかりしていることです。病院全体でなるべく仕事を時間内で終わらせようという雰囲気があり、通常業務は早めに終わることもあります。その後の時間を勉強やプレゼンテーションの準備に使ったり、富山駅が近く飲み屋も多いので研修医同士などで飲みに行ったりすることもあります。
ぜひ一度見学や実習に来て、実際に富山赤十字病院の雰囲気を感じてみてほしいです。
 

K.K(1年目)  

研修医1年目の片岡和也と申します。初期臨床研修が始まってあっという間に約2ヶ月が経ちました。周りに支えられながら、充実した研修生活を送らせて頂いております。みなさんは国家試験対策や実習の合間を縫って、研修医として2年間を過ごす病院を一生懸命探されていることと思います。他の病院と比較することはできないのですが、私が感じる富山赤十字病院の魅力を伝えようと思います。
この病院で特徴的なのは、救急当直です。富山赤十字病院では、2年間を通して救急当直が毎月3~4回程あります。
良い点は、全ての救急患者さんに研修医がファーストタッチし、当直されている上級医の先生に必ず相談できるという点です。
また、富山赤十字病院は、仕事のオンとオフのメリハリが病院全体でついているので研修医仲間と仕事終わりにご飯を食べに行くこともよくあります。
同期の仲もよいので、気軽に相談や症例についての議論ができるので、とても助かっています。
他にも病院の雰囲気や魅力など実際に見てみないと分からない部分が大きいと思うので、興味を持ってくれた方はまず一度、病院見学に来てみてください、お待ちしております。

M.K(1年目)

 私が当院での研修を選んだのは、富山赤十字病院の温かい雰囲気に惹かれたからです。学生実習のとき、職員の方々の明るい挨拶と病院の雰囲気が非常に印象的で、こんな病院で働きたいと強く思いました。このときの印象は働き始めてからも変わらず、当院での研修を選択して本当に良かったと思っています。
私の研修の始まりは麻酔科からでした。右も左もわからず不安でいっぱいでしたが、明るい先生方や優しい手術部の皆さんに毎日たくさんのことを教えていただき、非常に充実した日々を送っています。特に麻酔科では研修医が実際に手技をさせていただける機会が多く、身の引き締まる思いで日々の研修に臨んでいます。わからないことは気兼ねなく先生方や看護師さんに相談・質問ができるそんな雰囲気も当院の魅力の一つだと思います。
6月からは北海道の旭川赤十字病院、また10月からは東京の武蔵野赤十字病院で研修を行います。県外の病院での研修に不安もありましたが、当院の研修センターをはじめとした多くの方々に準備段階から支えていただいており、今では県外での研修も楽しみです。
当院の温かい雰囲気にぜひ一度触れてみてください。一緒に充実した研修生活を送りましょう!
 

S.N(1年目)

基幹型研修医として、本年から働かせていただいています。
最初は慣れない業務で分からないことだらけでしたが、指導医の先生が、「まずはこの病院に慣れて下さい、疾患についてはその後でも大丈夫ですから」と声をかけてくださり、自分のペースで業務を開始することができました。その後も先生方の手厚い指導のおかげで充実した研修生活をスタートさせることができたと思っています。
救急当直では研修医は基本的に内科を担当し、ファーストタッチを任されていますが、内科当直の上級医が常に2人いてくださるので、分からないことがあればいつでも相談することができます。さらに救急症例検討会や指導医レクチャーが毎週行われていて、定期的に症例発表の機会もあり、医師として必要な知識を身につける機会は十分にあります。
また、病院全体として勤務時間内に業務を終わらせようという雰囲気があるため、空いた時間で自己学習することも十分可能です。立地にも恵まれているので、時間さえ合えば研修医同士でご飯を食べにいったり飲みに行ったりすることもしばしばです。
少しでも興味があれば、ぜひ一度見学に来て当院の魅力を感じていただければと思います。

T.H(1年目)

私は今年4月より、基幹型研修医として富山赤十字病院で研修をさせていただ
くこととなりました。今後マッチングを控える皆さんに、私がマッチングを通じ
て感じたことや富山赤十字病院での2ヶ月間の研修で感じたことをお伝えするこ
とで、少しでも皆さんのお役に立てればと思います。
研修病院を選ぶ基準は人それぞれであり、最良の研修病院は人により異なるはず
です。多くの病院の中から研修先を決める際には、まず自分がどのような基準に
重きを置き、病院を選ぶのかを考えてみてください。自分でよく考え、ここで研
修をしたいと決意した病院であれば、忙しく大変なことに遭遇したとしても、最
                                  後まで頑張れると思います。私はまだ2か月間しか研修を終えていませんが、富山
赤十字病院を研修先に選んでよかったと感じています。
 当院では、先生方が非常に丁寧に教育をしてくださります。さらに、看護師さんや病院スタッフをはじめ
とする、周りの皆様にも支えられ、充実した研修を行えます。またカリキュラムとして、大学病院だけでな
く、武蔵野赤十字病院や旭川赤十字病院でも研修を行えるため、様々な病院の特色を経験することができま
す。まずは富山赤十字病院に見学に来て、当院の雰囲気を感じてみてください。

Y.I(1年目)

金沢大学のたすき掛けで、今年の春から一年間研修させていただいています。四月の入社式の時点では、ほとんど知り合いがいない中で始まった研修でしたが、四月には研修医・医局・病棟の歓迎会などがあり、すぐに病院にも慣れることができました。まだ二か月目ですが、自分が感じた当院の良い点について紹介したいと思います。
一番に、指導医の先生には気軽に質問し教えて頂ける環境であるということです。輪番日の当直では内科のfirst touchを研修医が行いますが、まず自分で問診、所見をとり必要な検査について考え、指導医に助言を求めることが出来ます。鑑別や検査の考え方だけでなく、カルテの使い方やICで気を付けることなどについても丁寧に指導を受けることが出来ます。また、普段の臨床に加えて、毎週月曜日には研修医症例発表・画像レクチャー、月1回の救急勉強などの座学で知識を深めることもできる点も良いと思います。最後に、同期や先輩の研修医も一つの研修医室にデスクをもらえ、回っている科は違っていても昼は一緒に食べたりと仲が良いです。病院は富山駅から徒歩10分程の距離で繁華街に近く、仕事終わりには研修医同士で飲みに行くこともよくあります。
まだまだ他にも魅力的な点は沢山ありますので、興味のある方は是非見学にきて、院内の活気ある雰囲気を実際に感じてほしいと思います!

T.N(2年目)

4月より富山大学附属病院からたすき掛けで研修させていただいてます。研修して2ヶ月となりますが日々恵まれた毎日を過ごしているなと感じます。
私の富山赤十字病院のおすすめポイントは3つあります。①救急の症例がたくさんあつまること②どの科も患者数が多く、満遍なく研修できること③研修医同士の仲がよいことです。まず1つめですが、研修医にとって富山赤十字病院の魅力はなんといっても救急の症例に富んでいることだと思います。経験できる症例は多岐にわたります。研修医は当直のファーストタッチを担いますが、学ぶべき症例はほぼ網羅できるのではないでしょうか。また件数も多くいかに効率よく検査をオーダーし考察するかという訓練にもなると考えています。2つめはまだ将来の診療科がわからない人におすすめだと考えます。どの病院も得意不得意はあると思うのですが、富山赤十字病院は歴史が古くどの科も患者数が多いです。将来の科を決めた人にとっても十分な研修ができると思います。3つめですが、研修医の数もちょうどよく、よくみんなで悩みを相談したり、時には飲みに行ったりとしています。
以上はあくまで僕の主観です。興味を持った人はぜひ見学に来ていろんな人から話を聞いてみてください。
 

Y.N(2年目)

大学病院のたすき掛けとして当院で研修させていただいております。市中病院での研修は初めてであり、慣れないことが多々ありました。特に苦労したことは輪番日の救急対応です。月に3,4回当直の当番があたり、研修医がファーストタッチを行います。患者さんの数も多く、限られた時間内で診察することは大変でした。しかし指導医の先生方が手厚く指導してくださるので、大変勉強になります。また症例を重ねる度に自身の成長を感じることもあれば、復習が足りないと感じたり、勉強不足だと実感したりすることもあります。このように勉強へのモチベーションに繋がる良い機会だと思います。また当院に来てすぐに感じたことは、当院は各科の垣根がなく、仲が良いと言うことです。疑問があれば気軽に相談でき、丁寧に対応してくださります。研修医生活が始まったばかりの時は新しい環境に慣れるのに精一杯だと思います。特に研修医は1,2ヶ月毎に診療科が変わるので、目まぐるしく環境が変わります。富山赤十字病院はアットホームな雰囲気で、とても親切な方が多いです。このような病院で研修できて、とても楽しく充実した日々を過ごしています。私は半年間という短い期間の研修ですが、当院を選択してとても良かったと思いました。
ぜひ一度見学に来て、雰囲気を味わってみてください。

鹿児島大学有嶋教授からの救急指導風景(月1回)


研修医レクチャー&救急症例・画像検討会(毎月曜日)


各科の先生方が丁寧にレクチャーして下さいます。

ファーストタッチの救急症例を発表します。