富山赤十字病院

〒930-0859
富山県富山市牛島本町2-1-58

TEL:076-433-2222

職員募集

ホーム > 職員募集 > 初期臨床研修プログラム > 先輩研修医からのメッセージ

ご利用案内

地域連携 かかりつけ医ガイド 健診・人間ドック 看護部 富山日赤広報誌 富山赤十字看護専門学校 在宅部門 周辺ガイド 患者安全の3つの言葉

先輩研修医からのメッセージ

 

H.O(1年目) 

基幹型研修医としてこの春から初期研修をさせていただいております。私が当院での初期研修を志したのは、アットホームで明るい雰囲気に惹かれたからでした。今後マッチングを控えている皆さんに、少しでも当院の魅力をお伝えできれば嬉しいです。
まず、指導医の先生方の指導が手厚いという点です。例えば内科救急のファーストタッチは研修医の仕事ですが、先生方にすぐに相談でき、丁寧なアドバイス、フォローを頂けるので安心ですし、しっかりご指導頂けるので一例一例勉強になります。また、大学病院との逆たすき制度、武蔵野赤十字病院など人気病院での研修も可能であり、研修の選択肢が幅広い点も特徴です。
研修医同士の仲が良いことも魅力の一つです。研修医室はいつも和気あいあいとして過ごしやすく、病院が富山駅すぐ近くと立地にも恵まれており、仕事終わりに研修医同士で飲み屋に足を運ぶことも多いです。
富山県での研修を考えている方、初期研修病院選びに悩んでいる方、是非一度見学にいらしてみてはいかがでしょうか。富山赤十字病院の温かな雰囲気を実際に味わって頂ければと思います。お待ちしております。
 

Y.Y(1年目)  

私は金沢大学病院のたすきがけという制度で、協力型研修として富山赤十字病院に初期臨床研修医として派遣されてきています。2年間この病院で研修をする基幹型の同期と比べるとこの病院にいる期間が短く、それを残念に思うほど良い研修ができています。
現在、初期研修医は1年目が基幹型と協力型を合わせて8人、2年目は6~7人が研修をしています。わからないことがあれば相談をしやすい同期・先輩が目の前にいるので、自分一人で悩みを抱えることはありません。みんなが同じような疑問を持っていたりもするので、すぐに共有できるという今の環境は研修としてとても生産的だと思います。もし研修医ではわからなければ、上級医の先生方にすぐに質問することもでき、どの先生も優しく指導してくださいます。
病院の労働環境としては、全体としてメリハリをつけて時間外労働を少なくしようという雰囲気を感じます。当直がなければ夜は思っていたよりも時間があり、勉強やレポート作成にあてるほか、趣味や友人と遊ぶ時間も取れます。また繁華街にも近いし、福利厚生や待遇にもとても満足できています。
いい環境のあるこの病院での研修を、ぜひ医学生の皆さんにも検討していただきたいです。
 

S.Y(1年目)

本年4月より基幹型研修医として富山赤十字病院で働かせて頂いています。最初は慣れない業務で四苦八苦しながらも、周りの支えもあり今は忙しくも楽しく、そして充実した生活を送っています。
さて、みなさんはマッチングを通じて病院を選ぶ際に大事にしている基準は何でしょう?僕がこの富山赤十字病院を志望した理由は、一言でいうと病院の雰囲気がとても気に入ったからです。院内は職員同士の明るく温かい挨拶が飛び交い、気持ちよく1日をスタートすることができます。また病院全体が時間内に業務を終わらせようとする雰囲気があり仕事のメリハリがはっきりしています。指導医の先生、看護師の方々も皆優しく丁寧に教えてくださるので自分のペースで研修を頑張ることができます。
また立地にも恵まれており、仕事終わりに環水公園を散歩してスタバでコーヒーを飲んだり、ふらっと富山駅前まで出かけて富山の美味しい海の幸とお酒を飲みに行ったりなんて余裕です。まだまだ富山赤十字の魅力は伝えきれないので是非一度見学にいらしてください、研修医一同心からお待ちしています。

 

Y.M(1年目)

今年度から富山赤十字で基幹型研修医としてお世話になっています。
私が学生の頃富山日赤に見学に来た際は、出身地富山の研修病院をとりあえず見ておこうという曖昧な理由だったのですが、その日の帰りには第一志望となっていました。
そんな私の心を一気に掴んだのは、病院の明るさでした。
富山日赤の施設を案内してもらった際、病棟が暗くなくとても明るいのが印象的でした。それは周りに遮るような高い建物がない事に加え、窓から見える景色も関係していると思います。環水公園が見える方角、川が見える方角、立山連峰が見える方角、富山の街が一望できる方角と、どの方角からも絶景を眺めることができます。
そして病院のスタッフさんも皆さんとても優しく、朗らかな富山県民らしさが溢れているためか、総合してとても明るい活気のある病院だなと感じることができました。
研修医となり初めて社会に出る中で不安も多いですが、この病院のそんな明るさに助けられ、充実した研修生活を送ることができています。
同期もこれ以上ないほど素敵なメンバーが揃っています。是非富山日赤の雰囲気の良さを味わうために一度見学に来てみてください。

Y.T(1年目)

本年より基幹型研修医として研修させていただいております。
これからマッチングを受けるみなさんは初期研修先を悩まれている頃だと思います。そんな皆さんのお役に立てるよう、当院の魅力をお伝えできればと思います。
私が当院を志望した理由はいくつかありますが、その中でも大きな決め手となったのはあたたかい雰囲気です。当院ではすれ違う職員のみなさん全員があいさつをかわします。この挨拶によって科と科の垣根だけでなく、職種の垣根も低くしているように思います。実際私も研修が始まって2か月しか経っていませんが、様々な方に気軽に相談することができています。日々新しいことに挑戦、勉強する研修医生活ですが、周りの皆さんに助けられながらとても充実した日々を送らせていただいています。
また救急も当院の魅力の一つだと思います。当院の救急はすべて研修医がファーストタッチします。その後も内科指導医の元、研修医が検査、治療まで考えます。自分で考え動けるのでとてもやりがいを感じることができますし、うまくいかなかったり悩んだりしたところは勉強しようとモチベーションも向上にもつながります。もちろん内科指導医の先生のチェックもあるので、自分で診療を行う緊張感がありながらも安心感もある環境です。
ぜひ一度見学や実習に来て、実際に富山赤十字病院の雰囲気を感じてみてほしいです。

T.S(1年目)

今年の4月から富山赤十字病院で基幹型研修医として働いています。これから研修医になられる皆さんに向けて赤十字で研修をしているうえで感じたことについてお話ししますので、参考程度に聞いていただければと思います。
まず富山日赤は他科の先生や多職種の方との垣根が低く、すれ違う時にはあいさつが飛び交い明るい雰囲気の病院だと感じました。些細なことかもしれませんが長く在する上ではとても重要なところだと思います。また17時に仕事終えようという意識が病院全体にあり、カンファレンスなどは朝か日中に行われるところは良いところだなと思っています。 研修については1つの診療科にあたり同時にまわる研修医は1~2名になるように調整されます。そのため1つの科でやらせてもらえる手技の数はある程度担保されており、この科を回ってみたけど、こういうことができなかったなということはあまりないと思います。ほかの病院を研修していないため比較はできませんが、少なくとも僕は富山赤十字で研修することを今後も楽しみに思っています。最後になりますが今後の皆さんの研修がよりよいものとなるよう祈っております。ありがとうございました。
 

K.T(1年目)

今年度から富山赤十字病院で基幹型研修医として勉強させていただいています。
最初は慣れない業務で分からないことだらけでしたが、指導医の先生方が皆さんとても優しく、時には厳しく声をかけてくださり、慣れないながらも研修を開始することができました。その後も先生方の手厚い指導のおかげで充実した研修生活を送らせていただいています。救急では輪番日の日当直を研修医は担当し、ファーストタッチを任されています。内科当直の上級医の先生が常に2人いてくださり、自分の考えで施行した検査、治療に指導をしてくださるので、慣れない中多くのことを学ばせていただいています。さらに救急症例検討会や指導医レクチャーが毎週行われていて、定期的に症例発表の機会もあり、勉強する機会を多く与えて下さっていると感じています。また研修医だけの医局をいただいているので、空いた時間にお互いの受け持った症例を話しあったり、得た知識を共有したり、時には雑談したりとても雰囲気の良い空間であると思います。
少しでも興味があれば、ぜひ一度見学に来て当院の魅力を感じていただければと思います。

T.Y(1年目)

本年より金沢大学附属病院から協力型研修医として1年間研修させていただいております。
このページをみて下さっている医学生の皆さんは今、マッチングの病院選びや実習、国家試験勉強で忙しいことと思いますが、参考になればと思いこの病院の魅力について話したいと思います。
まず一つ目の魅力は救急です。富山赤十字病院は富山県の中核医療機関であり救急の輪番日には豊富な症例を経験することができます。また、研修医がファーストタッチをしますが、どの症例も内科の上級医の指導を仰ぐことができるので症例に対してより理解が深められると思います。救急でベテランの看護師さんも優しく教えてくださいます。
もう一つの魅力は病院全体の雰囲気が温かいことです。どの職員の方も優しく、とても良い環境で働かせて頂いているといつも感じております。また、研修医同士の仲が良いのも魅力です。同期とも上の学年とも仲が良いので、悩みなども話すことができ、つらい時があっても頑張れると思います。ぜひ一度見学に来て富山赤十字病院の雰囲気を感じてみてください!

R.T(2年目)  

大学病院とのたすき掛けで富山赤十字病院で研修させていただいております。当院での初期研修の魅力は、豊富な救急症例です。研修医がファーストタッチを行い、診断・治療に主体的に参加できます。同時に指導医の先生方が手厚くバックアップしてくださり、安心して研修できる環境にあります。症例を重ねるごとに自分の成長を実感でき、大変恵まれた環境にあると実感しています。
また症例発表会や抄読会の機会が多く、臨床での経験と相補的に実力を伸ばすことができます。
ぜひ一緒に豊富な症例を経験できる富山赤十字病院で研修しましょう。
 

N.M(2年目)

 4月より富山大学附属病院からたすき掛け研修医として研修させていただいています。
市中病院での研修は初めてということもあり、まだ慣れない部分もありますが、指導医の先生方やスタッフの方々に様々なことを教えていただきながら日々充実した研修生活を送っています。研修開始してからまだ日は浅いですが、富山赤十字病院で研修するにあたり魅力として感じたことを紹介したいと思います。
魅力の一つとして、まずは救急症例の豊富さが挙げられます。当院は富山医療圏輪番病院として二次救急を担っています。初期研修医は輪番日に救急診療にあたるため、様々な症例を経験することができます。限られた時間の中で診察を行うことはとても難しいですが、多くの症例を経験し、さらに振り返って反省・学習することで、少しずつ成長を実感できるようになってきました。また日々の研修以外で他職種の方々とチームを組んでスポーツのイベントや大会に参加する機会もあり、交流の場がたくさんあることも良さの一つだと思います。
当院での研修を考えている方がいらっしゃったら、ぜひ一度見学に来てみてはいかがでしょうか。

鹿児島大学有嶋教授からの救急指導風景(月1回)


研修医レクチャー&救急症例・画像検討会(毎月曜日)


各科の先生方が丁寧にレクチャーして下さいます。

ファーストタッチの救急症例を発表します。