富山赤十字病院

〒930-0859
富山県富山市牛島本町2-1-58

TEL:076-433-2222

職員募集

ホーム > 職員募集 > 初期臨床研修プログラム > 先輩研修医からのメッセージ

ご利用案内

地域連携 かかりつけ医ガイド 健診・人間ドック 看護部 富山日赤広報誌 富山赤十字看護専門学校 在宅部門 周辺ガイド 患者安全の3つの言葉

先輩研修医からのメッセージ

 

K.N(2年目) 

4月より基幹型研修医として研修させていただいております。研修医を目指す方へのメッセージとして、当院の特徴の一つである救急について簡単に述べさせていただきます。研修先を決める際に参考にしていただければと思います。
当院は富山県の中核医療機関であり、輪番制度病院の指定を受けた第2次救急指定病院です。輪番日には数多くの急病患者が当院に搬送され、様々な症例を経験することができます。救急の現場は上級医2名、研修医3名の5人体制となっており研修医が主にファーストタッチを行います。
  研修が始まり3ヶ月が経とうとしていますが、限られた時間の中で重症度を判別し、所見をとり、検査結果を見て治療方針を考えることは想像以上に難しく、慣れないことばかりです。しかし救急の現場では上級医にいつでも相談できる環境が整っており、分からないことがあればいつでも相談することができるため、安心して研修することができています。このような手厚い指導を受けられる環境のおかげで症例を重ねるごとに少しずつではありますが、成長を実感でき、充実した研修を送ることができていると感じています。  救急について簡単に述べさせていただきましたが、その他当院の魅力はまだまだたくさんありま
す。興味を持たれた方は是非一度見学にいらしてください。研修医一同お待ちしております。

R.O(2年目)  

今年度より基幹型研修医として初期研修をさせて頂いています。私が病院見学や実習を経て当院を研修病院として志望した理由について書きたいと思います。
私が病院見学に来てまず惹かれたのは、病院全体の雰囲気でした。朝から職員の方々とすれ違う度に挨拶が飛び交い、明るい雰囲気を感じました。また、救急外来では研修医がファーストタッチをして積極的に動いている姿を見て、自分もこの病院で研修して先輩方のように救急の初期対応や診察を身に着けたいと思いました。さらに病院に関しては設備や立地も魅力の一つでした。カルテやPCのある研修医室が設備されており、他の科を回っている時にも気軽に同期や先輩に相談することができます。また、病院の窓から環水公園が一望できる見晴らしのよさ、便利な駅近くの立地にも惹かれました。
 当院での初期研修を開始してまだ数ヶ月ですが、実際に働いてみると先生方をはじめ病院のベテランスタッフの方々が親切に手厚く指導してくださり、とても良い環境で研修させて頂いていると思います。
 研修内容に関しても、指導医の先生にその科を回る中で身に着けたいことを伝え、相談しながら自分の希望に沿った研修を行うことができています。研修病院選びに迷っている方、一度見学にきて当院の雰囲気を味わって頂ければ嬉しく思います。お待ちしています。

 

S.A(2年目)

2020年度より、富山赤十字病院にお世話になっております。
初期研修が始まって、早3ヵ月が経ちました。今は目の前のことをこなすことで精一杯ですが、個性的な先生の指導の下、楽しく充実した毎日を送っています。
 この病院は忙しい時とそうでない時とメリハリのある病院だと思います。夜や休日は時間がたっぷりとあるので、勉強したり、遊びに行ったりと融通が利きます。自分のペースで勉強したい方にはピッタリではないでしょうか。また、週に1度、研修医会という発表や勉強をする機会があり、月に1度、救急医の先生からレクチャーもあり、非常に勉強になります。先生方も、熱心に指導してくださったり、私たち研修医の環境についていろいろと考えてくださったりされていて、研修医思いの病院だと思います。同期の人数も多すぎず、ちょうどいい感じです。そして、他の赤十字病院や大学病院への逆たすき制度があり選択肢が豊富なところも良い点だと思います。
 私はいろんな環境に身を置くことが好きだったこともあり、この病院での研修を希望しました。悪いところはあんまりないと思うのですが、受け取り方は人それぞれなので、まずは1度見学に来て話を聞いたり、雰囲気を感じたりしていただければと思います。いろいろな方と出会えるのを楽しみにしています。


 

S.R(2年目)

私は基幹型研修医としてこの春から富山赤十字病院で研修させていただいています。これからマッチングを迎える上で初期研修先を悩まれている方もいらっしゃると思います。少しでも参考になればと思い、私の思う当院の良さを紹介したいと思います。まず職場の雰囲気が良いことです。朝から元気に挨拶が飛び交う明るい環境であり、気持ちよく仕事することができます。また救急症例の豊富さも当院の大きな魅力の一つです。当院は富山医療圏の輪番病院として二次救急を担っています。初期研修医がファーストタッチを行い、診断・治療への積極的な参加ができます。どの症例に対しても内科の上級医の元で診療できるため、症例への理解が深まります。自分で考えた様々な検査、治療を行うことができ、それに対して上級医に指導、評価して頂けるので確実に成長することができます。また日々の研修以外で病院職員の方々とスポーツのイベントや大会に参加する機会があることも魅力です。
活動を通じて他職種の方々と友好を深めることができます。私自身当院の硬式テニス部に所属しており、楽しく活動しています。
 ぜひ一度見学に来て、当院の魅力を感じて下されば幸いです。皆さんがいらっしゃるのを研修医一同心待ちにしています。
 

K.K(2年目)

今年の4月より基幹型研修医として富山赤十字病院で働かせていただいております。
これから、マッチングを受けられる皆さんは、どの病院で研修したらいいのだろうと悩まれていることと思います。少しでも皆さんのお役に立てるよう、当院の魅力について紹介できればと思います。
僕が富山赤十字病院に惹かれた一番の理由は病院の温かな雰囲気でした。7週間当院で実習させていただく機会があり、その時の先生方の手厚いご指導や看護師の方々の優しさに心を掴まれました。研修医として働かせていただいてからも、優しい指導医の先生ばかりで、疑問に思ったことや分からないことを気軽に聞けるので日々学ぶことが多く充実した日々を送らせていただいております。立地の素晴らしさも当院の魅力です。病棟の窓からは環水公園を一望でき、休日にはスターバックスで優雅にくつろげたり、新しく生まれ変わった富山駅に遊びに行ったりと充実した生活を送ることができます。
 その他にも救急車の初期対応や、各診療科で学べることなど魅力を語ればきりがないのですがまずは病院の雰囲気や病院の周りの景色を体験しに是非一度当院に見学にいらしてください。 
僕と同じように一瞬で心を掴まれると思います。研修医一同心からお待ちしております。

 

I.K(2年目)

今年の4月から一年次基幹型研修医として富山赤十字病院で研修させていただいております。慣れない業務ばかりで苦戦する毎日ですが、自分が成長する姿を思い浮かべ、勤務する日々を送っております。
 富山赤十字病院の魅力は数多くあるのですが、その中でも特に良いところを挙げるとすれば、第一に職員の皆さんがフレンドリーであるということだと思います。すれ違えば飛び交う挨拶や、研修医を気にかけてくださる姿勢などからこの病院に勤めている職員の皆さんの優しさを強く感じます。また、業務のメリハリがついていることも魅力の一つではないかと思います。遅くまで病院に残らないというような意識が病院全体としてあるように感じています。夕方から自分の時間が取れる分、勉強に充てるもよし、ストレス解消に自分の趣味の時間とするもよしです。
少しでも興味がありましたら、ぜひ本院に見学に来て、魅力を感じていただければ良いなと思います。
研修医一同お待ちしております。皆さん優しいのでどんな質問でも答えてくれますよ。                    
 

M.M(1年目) 

4月より基幹型研修医として研修させていただいております。富山赤十字病院の魅力は、病院全体や職員の方々の明るい雰囲気、救急でのファーストタッチを行い初期対応が学べること、たすき掛けで武蔵野赤十字病院・旭川赤十字病院・大学病院などにもいけること、富山駅近くの良い立地などなど挙げればたくさんあります。また、研修医の人数も6人と多すぎず少なすぎず、上級医の先生方の手厚い指導のもと、切磋琢磨して研修させていただいております。わたしもそうでしたが、これから研修医になる皆さんは研修先の病院を考える上でとても悩むと思います。少しでも興味を持たれた方は是非一度見学にいらしてください。気になることがあったら気軽に質問してくださいね。みなさんに会えるのを研修医一同とても楽しみにしております。

T.U(1年目) 

2021年4月より富山赤十字病院で基幹型初期研修医として研修させて頂いております。 初期研修先の病院選びに迷われている方々に、私が考える当院の魅力を紹介したいと思います。 まず1つ目は、雰囲気の良さです。何と言っても職員同士の挨拶が活発であり、コミュニケーションがとても積極的に行われています。私が学生時代、病院見学で初めて訪れた時もこのような温かい雰囲気があり、一瞬で心を掴まれました。そして今日までその印象はずっと変わらず残っており、毎日安心して業務に励む事が出来ています。 2つ目は、研修内容の多様性です。富山医療圏の二次救急医療機関である当院では、救急輪番日には月平均3〜4回研修医が当直に入り、患者さんに必要な検査や対応を決めていく、ということを上級医の先生方とともに行います。また、内科初診外来で実際に患者さんの診察を行う研修もあり、病棟業務以外にも様々な事を経験し、臨床判断力を育む事が出来ます。必修となる科以外は自由に選択でき、武蔵野・旭川の赤十字病院、富山大学、金沢大学での研修も合計最大6ヶ月選択できます。 初期研修をどの病院でしようか迷っている方、是非一度病院見学に来てみて下さい。私のように、この病院で働きたい!と感じる事が出来ると思います。研修医一同、心よりお待ちしております。

D.H(1年目) 

2021年度より、基幹型研修医として富山赤十字病院で研修させていただいております。初期研修先をお探しの皆さんに向けて、私が感じている当院での初期研修の魅力を短いですがお伝えしたいと思います。 当院は、初期研修先としては大きすぎず小さすぎない、中規模の病院です。指導医の先生をはじめ、コメディカルの方々、事務の方々との距離が非常に近く、困ったことや分からないことがあればすぐに何でも相談できる環境にあると思います。すれ違えば挨拶が飛び交い、非常に明るく気持ち良い職場です。また研修医の人数も程よく、同じ診療科を回っていても症例の取り合いになることはありません。研修医室はカルテを書いたり、勉強したり、手技を練習したり、時に和気藹々とお喋りをしたりと、とても居心地が良いです。毎週月曜日の朝には、研修医が経験した症例をプレゼンしたり、救急で悩んだ症例を共有したり、各科の先生のレクチャーがあったりと、非常に勉強になる会があります。大学への逆たすきや、東京や北海道の赤十字病院に研修に行き、様々な規模、地域の医療を経験できるのも、魅力的だと感じています。 その他にも当院の魅力はたくさんありますが、ぜひ一度、当院に見学に来て実際に見て感じていただければなと思います。興味のある科を見ることもできますし、救急を見ることもできます。そして気になることがあれば何でも聞いてください。研修医一同、心よりお待ちしております。

K.M(1年目) 

 今年度より基幹型研修医として研修させていただいています。  これからマッチングを受けられる方は研修先を悩まれていることと思います。私が当院を選んだ理由についてお話ししたいと思います。少しでも皆さんの参考になれば幸いです。  私が当院を選ぶ決め手となったのは雰囲気の良さです。研修病院を決める上で皆さんいろいろ見学など行っておられると思いますが、当院は医師間だけでなくコメディカルの方々との関係が他の病院に比べて良いと思います。わからないことなどあれば指導医に相談しやすいですし、コメディカルの方々との関係もよいのでいろんな場面でコミュニケーションがとりやすいです。自分でやりたいことがあれば積極的に口に出していけるので研修も毎日とても充実しています。  また、富山市の中核病院として輪番を担っているため救急症例が豊富です。研修医がファーストタッチを行うので研修医のうちに救急対応について学んでおきたいと考えている方にはとてもおすすめの研修先だと思います。  雰囲気などは実際に来ていただけるとわかると思うので当院をお考えの方はぜひ見学に来ていただけると嬉しいです。

T.T(1年目) 

2021年度の4月より、基幹型研修医として富山赤十字病院で研修させて頂いています。私自身マッチングの時は初期研修先選びにとても悩み、これを見ている学生の方も同じように悩んでいる方が多いのではないでしょうか。そんな私がなぜ当院を選んだのか、理由をお伝えし研修先選びに少しでも役に立てれば幸いです。  当院の良い点はまずオンオフがハッキリとしておりメリハリをつけて研修できる点だと思います。輪番日の日当直は富山市中からとても多くの患者さんがやってくるため休む暇がほとんどない時もあります。しかし休日の日当直に入ると代休が発生する制度があるため、しっかりと休みを作ることもできます。働くときはしっかり働いて休みも十分にあるため、自分の時間を作ることができ趣味の時間や勉強に充てています。  また大学病院や他の関連日赤病院に逆たすき研修ができる点も魅力的な点だと思います。2年間のスケジュールはかなり自由に決めさせていただくことができ、それぞれの要望に合ったスケジュールにできます。  少しでも興味がありましたら是非見学に来ていただいて、直接研修医から話ができればと思います。研修医一同心からお待ちしております。

A.K(1年目) 

はじめまして。4月より当院で基幹型の初期研修を開始して早数ヶ月が経ちました。新型コロナウイルス感染症の流行という例年とは異なる状況でのスタートとなっていますが、関わってくださる皆様のお力添えをいただいて充実した時間を過ごせています。 当院は第2次救急指定病院であり、夜間や休日はローテーション中の診療科に関わらず2年間を通して内科当直に携わります。ファーストタッチから方針まで上級医に指導いただきながら考えることにより、臨床の現場での対応力を身につけることが出来るのではと感じています。 週1度の朝の研修医勉強会や月1度の救急医の先生によるレクチャー、タイミングが合えば学会発表の機会がいただけるなど勉強の場も充実しています。また2台の電子カルテが使える研修医室があり、研修医同士でそれぞれの担当症例について話し合ったり、救急で身につけたことを共有し合ったりと切磋琢磨しながら励んでいます。 研修中、一人の患者さんの診療には非常に多くのスタッフがそれぞれの役割を担って関わっていることを強く実感しています。当院はスタッフ同士のコミュニケーションが活発であり、その点で大変働きやすく感じています。当院での研修に少しでも興味がある方は、見学にお越しいただいた際に優しい雰囲気を実感していただければ幸いです!

鹿児島大学有嶋教授からの救急指導風景(月1回)


研修医レクチャー&救急症例・画像検討会(毎月曜日)


各科の先生方が丁寧にレクチャーして下さいます。

ファーストタッチの救急症例を発表します。