富山赤十字病院

〒930-0859
富山県富山市牛島本町2-1-58

TEL:076-433-2222

ご利用の皆さまへ

ホーム > ご利用の皆さまへ > がん診療・相談 > 緩和ケアチーム

ご利用案内

地域連携 かかりつけ医ガイド 臨床研修医募集 健診・人間ドック 看護部 富山日赤広報誌 富山赤十字看護専門学校 在宅部門 周辺ガイド 患者安全の3つの言葉

緩和ケアチーム

緩和ケアチームのご案内

生命を脅かす疾患(がん・非がん)で入院していらっしゃる患者さんを対象に、痛みをはじめとするからだや心のつらさ対して治療やケアを行います。つらさを和らげ、穏やかな入院生活を送ることができるように、病棟医療チームと共に専門的に症状の緩和を図っています。
 特徴は、「がん」患者さんだけでなく、心不全や呼吸不全、腎不全などの慢性の病気をお持ちの患者さんの「つらさ」を和らげる治療やケアも行っています。患者さんやご家族の気持ちをお聴きし、共に考え、生活や人生がより善いものになるよう支援します。

また当院は、「日本緩和医療学会認定研修施設」に認定されております。痛みや吐き気、不眠などの身体症状の緩和だけではなく、精神的な苦痛を感じていらっしゃる患者さまやご家族に対しても専門的に症状の緩和に努めています。

在宅緩和ケア地域連携パス(たてやま日記)

超高齢化社会の到来やがん患者の増加にしたがい、在宅での緩和ケアが注目されています。厚生労働省の平成19年度「終末期医療に関する調査」では、終末期における療養場所として63%の人が自宅と答えていますが、同省人口動態・保健統計課によると、平成21年に自宅で最期を迎えることができた人は15.7%で、がんに限ると8.3%にすぎません。平成22年に富山赤十字病院は、富山県がん診療地域連携拠点病院(在宅緩和ケア県東部担当)に指定されました。

がん診療連携拠点病院連絡協議会緩和ケア部会にて、県内統一の在宅緩和ケア地域連携パスが作成されました。

※当院の外来やかかりつけ医に通院中の患者さまのご相談は、緩和ケア外来にて受け付けております。

身体症状緩和担当医師
精神症状緩和担当医師
専任薬剤師
がん看護専門看護師
緩和ケア認定看護師
小林孝一郎
殿谷康博
富山徹
村上真由美
森章子








平成28年度緩和ケアチーム活動START!

緩和ケアチームは、医師・薬剤師・看護師・リハビリ・栄養士・社会福祉士の多職種から構成され総勢14名で活動しています。写真は、緩和ケアチームカンファレンスと回診時に病棟でプライマリーチームとのカンファレンスをしている様子です。今年度も患者さんやご家族が穏やかに過ごせるようにプライマリーチームと力を合わせて、質の高い緩和ケアを行います!